DeAGOSTINI デアゴスティーニ5号・6号

DeAGOSTINI デアゴスティーニ5号・6号の小物作り。
手のひらサイズのポーチです。

ん~Photo_2
私、これを作る度にかなりのストレスです。 

まず、アップリケまでは、まだいいのです。
でも、キルティングになると、綿も針通りが・・・
そして、あて布(すて布)も、アップリケと同様布地が厚い!
だから、綿とあて布(すて布)のダブルで、キルティングをするとき、手が痛くてたまらないし、針がなかなか進まない。
今後もこの布が届くのだろうか・・・
丸い水色の部分は、ヨーヨーキルトをして作ると書いてあったのですが、家にある「くるみ」を使ってみました。
ポーチの下の水色部分がくるみを使ったものです。

ストレスを抱えながら、とりあえず完成しました。
次の回は、タヒチアンキルトのティッシュBOXカバーのようです。

|

DeAGOSTINI デアゴスティーニ

生徒のみなさ~ん

DeAGOSTINI デアゴスティーニのハワイアンキルトをされている方はいらっしゃいますか?1_1
今月の教室から、少しお話をしていますが、わからないところが出てくるかと思います。
遠慮なく聞いてください。

私も伝えたいことがたくさんあります。

私も主人から言われて、今月慌てて購入しております。
昨日2号3号が届いたので、パターンではなく小物作品が出来ましたので、UPしますね。
アップリケキルト部分は、糸を変えました。
また、届いたビーズは、私の好みではなかったので変えました。
1_2

という事で、教室で聞いてくださいね~

| | トラックバック (0)